愛知県の平均年収はいくら? 年代別・男女別・企業規模別・産業別に解説

愛知県は自動車や電気機械器具などを中心とした工業が盛んな県です。世界有数の大企業もあるため、「平均年収が高い県なの?」と気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、愛知県の平均年収について詳しく解説していきます。

愛知県の平均年収はいくら?

ここでは、総務省統計局が公表している「令和4年賃金構造基本統計調査」をもとに、愛知県の平均年収について解説します。最初に愛知県全体の平均年収を紹介した後、年齢別・男女別、企業規模別、主な産業別に説明するので参考にしてください。

愛知県の平均年収
「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、愛知県のきまって支給する現金給与額は平均34万7,100円、年間賞与その他特別給与額は102万7,600円となっています。平均年収は、34万7,100円×12ヶ月+102万7,600円=519万2,800円です。

一方、全国の現金給与額は平均34万100円、年間賞与その他特別給与額は88万4,500円となっています。平均年収は、34万100円×12ヶ月+88万4,500円=496万5,700円です。

このように、愛知県の平均年収519万2,800円は、全国平均の496万5,700円よりも、22万7,100円多いことがわかります。

出典:令和4年賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局

年齢別・男女別の平均年収
以下の表は、愛知県の平均年収を年齢別・男女別にまとめたものです。

出典:賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局
出典:賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局
出典:賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局

男女計と男性は、最も平均年収が高い年代が55~59歳となっています。女性で最も平均年収が高いのは45~49歳の世代です。

また、どの年代においても、男性より女性のほうが平均年収は低いことがわかります。

企業規模別の平均年収
愛知県の企業規模別の平均年収は以下のとおりです。

出典:賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局

この表からは、企業規模が大きいほど平均年収は高いことがわかります。

100~999人規模と10~99人規模の企業を比較すると、平均年収の差は56万1,600円、1,000人以上の規模と100~999人規模の差は86万6,300円です。

また、1,000人以上の規模と10~99人規模の差は142万7,900円となっています。

主な産業別の平均年収
愛知県の主な産業別の平均年収は以下です。

出典:賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局

産業別にみると、電気・ガス・熱供給・水道業や学校教育の平均年収が高いことがわかります。学術研究,専門・技術サービス業、金融業,保険業も比較的高いといえるでしょう。

一方、繊維工業や宿泊業,飲食サービス業の平均年収は低めとなっています。

出典:賃金構造基本統計調査 | 総務省統計局

愛知県の給与は他の都道府県と比較して高い?

愛知県の給与はほかの都道府県と比較してどうなのでしょうか。「令和4年賃金構造基本統計調査」によると平均賃金の上位は以下のとおりです。

出典:賃金構造基本統計調査|総務省統計局|都道府県別

愛知県の所定内給与額は31万2,600円で、都道府県別にみた場合は全国4位となっています。全国平均の31万1,800円よりも高かったのは、東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、兵庫県の5都府県となっており、愛知県はその中で4番目に高い水準です。

愛知県の平均年収が高い理由

愛知県は日本の三大工業地帯の一つであり、自動車産業をはじめとする製造業の割合が全国に比べて高いという特徴があります。

トヨタ自動車や豊田通商、デンソー、アイシン、豊田自動織機、中部電力、スズケン、ジェイテクト、トヨタ紡織など、売上高が1兆円を超える大企業も多い地域です。

そのような理由から、愛知県の平均年収は高いと考えられています。

まとめ

愛知県は平均年収が全国平均よりも高く、賃金は全国4位の水準です。電気・ガス・熱供給・水道業や学校教育の平均年収が特に高く、自動車産業をはじめとする製造業が盛んであり、売上高1兆円を超える企業もあります。以上により、愛知県の平均年収は高い水準といえるでしょう。愛知県への就職や転職、移住を考える際の参考にしてください。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア