【本当に住みやすい街大賞2023 in福岡】第4位 西鉄平尾:再開発が進む天神や博多に近接、良質な住環境を保ち続けるアットホームタウン

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。
今回は2023年5月に実施した「本当に住みやすい街大賞2023 in福岡」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2023 in福岡」結果発表ページはこちら>>

※審査基準の詳細はこちら>>

平尾ってどんな街?

福岡市の中央区と南区の区境に位置する、西鉄天神大牟田線の「西鉄平尾駅」(福岡市中央区)。戦後の復興とほぼ同時に始まった「平尾地区土地区画整理事業」で都市化や宅地化が急激に進み、人口が増加。商業地の西鉄福岡(天神)駅まで2駅約4分という場所でありながら、自然豊かな点もこの街の魅力です。

西鉄天神大牟田線以外にも、日赤通りや百年橋通りといった都心と郊外を結ぶ幹線道路が多数。大型商業施設はないものの、スーパーや生活用品店、病院といった日々の暮らしを支える施設が充実しているため、生活に不便さや不自由さを感じることは少ないでしょう。

【発展性:3.32点】新旧の良さを織り交ぜながら、質の高い住環境を維持

目立った都市開発はないものの、平尾、高宮、西高宮、大楠の各小学校区の人口は増加傾向にあります。児童数も同様の傾向にあり、「平尾小学校」と「西高宮小学校」においては児童数が1,000人を超えていることからも、この街の人気の高さがうかがえます。

また、商業地である天神・博多エリアに比べて賃料が安い傾向にあるためか、飲食店やカフェ、生活雑貨店など、個人経営の商店が充実。街のにぎわい創出や暮らしの多様化につながっています。

天神地区再開発プロジェクト「天神ビッグバン」では、商業施設の建て替えや新設も続々と決定しており、西鉄天神大牟田線で2駅約4分の平尾エリア周辺も、利便性の向上を享受できる住宅地として注目を集めそうです。

【住環境:4.36点】利便性と自然の潤いを享受しながら快適に暮らせる環境が整う

無添加・オーガニック食品の品ぞろえが充実している「マキイ山荘通り店」など、24時間営業スーパーが駅から徒歩15分圏内に3店舗立地。創業100年以上の豆腐店「豆藤」やDIY用品が豊富なホームセンター「サンマート」など、身近にあると便利な店舗も点在しています。

また、駅から徒歩約12分の場所に位置する「福岡赤十字病院」などの病院やクリニックも豊富で、地域の安心を支えています。

駅から徒歩約2分の場所にある「堀川公園」など、子どもの遊び場に最適な公園も充実。駅から2キロメートル圏内には、「福岡市動植物園」を有する「南公園」や、那珂川の河川敷を整備した「河畔プロムナード」といった、自然を身近に感じられるスポットもあります。

福岡市の都心部を貫流する「那珂川」が徒歩圏内。川に沿って整備された遊歩道で散歩やジョギングなどを楽しめます(画像素材:PIXTA)

【交通の利便性:4.75点】豊富な交通手段と平坦な道路で市内の移動がスムーズ

福岡市地下鉄の空港線と七隈線の乗換駅となる西鉄天神大牟田線の西鉄福岡(天神)駅までは、電車で2駅約4分。日赤通りや百年橋通りなど、都心と郊外を結ぶ幹線道路を走る西鉄バスの路線も豊富で、福岡市内をスムーズに移動できます。

さらに、天神エリアまで約2キロメートル、博多エリアまでは約3キロメートルの距離。道路が平坦で、自転車での通勤・通学もしやすい環境です。

【コストパフォーマンス:3.53点】コスパ重視なら中古物件の選択も一案

新築マンションは2LDKが多く、相場は4,000万円前後。西鉄福岡(天神)駅まで同じく2駅の大濠公園駅周辺(中央区)では2LDKでも1億円を超えるマンションが販売されていることを考えると、割安感があります。

一方で、戦後の復興とともに宅地化が始まった住宅地という場所柄、中古マンション販売は豊富です。築年数を気にしなければ3LDKで2,000万円前後から検討できるため、コスパ重視の場合は平尾エリアを選択肢に入れるとよいでしょう。

都心立地でありながら、一部地域は「特別緑地保全地区」に指定されているため、今後も開発案件は少ないと予想されます。地価も上昇傾向にあるため、希望に近い物件があれば早めの決断がベターです。

【教育・文化環境:3.81点】子どもたちが意欲的に学べる環境がそろう

「福岡県立筑紫丘高等学校」や「上智福岡中学高等学校」のほかにも、小学校から高校までの教育機関が充実する駅周辺は、文教地区の側面があります。1874年に開校した「福岡市立高宮小学校」など、長い歴史を有する学校も点在。西鉄天神大牟田線沿線も高校や大学が多く、子どもたちの学習意欲を刺激する環境であるといえます。

駅から徒歩約20分の場所には「福岡市動植物園」が立地。動物や植物について楽しく学べ、子どもたちの知的好奇心を育む場としても親しまれています。

約110種の動物と約2,600種の植物を見ることができる「福岡市動植物園」。陸橋を通じて動物がいるエリアと植物のエリアを自由に行き来できます(画像素材:PIXTA)

【選定委員会による総括】共働き世帯のニーズに応え続ける住宅街

福岡市の繁華街やビジネス街に程近い場所でありながら、長期にわたって良質な住環境を保ち続ける平尾エリア。天神・博多エリアの利便性も享受しながら快適に暮らせる、まさに「職住近接」が可能な環境と言えます。また、自然豊かで教育機関が充実していることから、子育て環境としても理想的です。

地価は上昇傾向にあるものの、都心に近接する場所では1億円を超えるマンションが登場している福岡市内の現状からすると、まだ割安感があります。都会暮らしと良質な住環境の両立を希望している人は、平尾エリアで物件を探してみるとよいでしょう。

>本ランキングに関するメディア掲載・取材に関するお問い合わせはこちら

【最短1分】東京近郊に引っ越し・上京予定の人必見!
あなたにぴったりな「街」をTownU(タウニュー)で無料AI診断 ※対象エリア:首都圏主要駅

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア