引越しの費用はクレジットカードで支払える? 利用するときのポイント

「楽しみながら生活を豊かに」をコンセプトのウェブマガジン『REISM STYLE』より、生活の中のさりげないワンシーンやアイテムを通して自己表現できる、とっておきの楽しみ方をご紹介いたします。

引越しを業者に依頼すると、数万円から数十万円という高額な費用が発生する。せっかくなら、ポイントが貯まるクレジットカードで支払いたいと考える人もいるのではないだろうか。

引越し費用は前払いが基本だが、近年では、引越し代金をクレジットカード払いできる業者も増えている。ただし、利用には注意も必要だ。
本記事では、引越し費用をクレジットカードで支払うメリット・デメリットのほか、クレジットカード払いを上手に活用するためのポイントを紹介する。

 

引越し料金はクレジットカードで払える?

引越し料金をクレジットカードで支払えるかどうかは、業者によって異なる。そもそも引越し料金は、標準引越運送約款によって、作業を始めるタイミングでの現金前払いが基本と決められているが、キャッシュレス決済の広がりに伴い、クレジットカード払いに対応する引越し業者も増えてきている

すべての引越し業者がクジレットカード払いに対応しているとはいえないが、クレジットカード払いだからといって引越し業者の選択肢が極端に狭まることはないだろう。まずは、希望の業者がクレジットカード払いに対応しているか確認してみよう。

 

引越し料金をクレジットカードで支払うメリット

引越し料金をクレジットカードで支払うと、ポイントを貯められたり、優待が受けられたりといった多くのメリットがある。引越し表利金をクレジットカード払いにする3つのメリットについて、詳しく紹介しよう。

ポイントを貯められる
引越し料金は、数万円から数十万円になる高額な支払いだ。クレジットカードを使えば、一度に多くのポイントを獲得できる

例えば、10万円の引越し料金を1%還元のクレジットカードで払えば、それだけで1,000円分のポイントが手に入る。何かとお金がかかる引越しの支出を減らすのに役立つだろう。

現金を用意しておかなくて良い
クレジットカード払いなら、現金がなくても引越し料金の支払いができる
現金で引越し料金を支払う場合、引越し直前に多額の現金を用意しておかなければならない。家に多額の現金を置いておきたくないキャッシュレス派の人や、多額の現金を下ろして自宅に持ち帰るのが不安という人にとってはハードルが高いだろう。
また、急に決まった引越しの場合、そもそも現金を用意できない可能性もある。クレジットカード払いは、こうした問題を簡単にクリアできる便利な方法だ。

優待サービスを受けられることがある
会員向けの引越し優待サービスを提供しているクレジットカードもある。提携している引越し業者の利用料金が割引になる場合があるため、チェックしてみよう。

 

引越し料金をクレジットカードで支払うデメリット

引越し料金のクレジットカード払いには多くのメリットがあるが、同時にデメリットもある。使い方を間違えるとかえって損をしたり、面倒なことになったりすることもあるため注意したい。

現金払いよりも見積もりが高くなる可能性がある
クレジットカード払いに対応している引越し業者の中には、「クレジットカード払いも利用できるが、現金払いよりも高くなる」「別途、手数料がかかる」というところもある。
ポイント還元よりも高額な上乗せが発生するようでは、クレジットカード払いにするメリットがないため、金額が変わる場合は差額を確認しておこう。

支払日が後ろにずれる
クレジットカードを使うと引越し料金が後払いになる。1~2ヵ月後に高額な引越し料金の引き落としがかかるため、口座残高に注意しなければならない。

もっとも、引越し料金を後払いにできるのはクレジットカード払いのメリットでもある。大切なのは、うっかり引き落としができずに、延滞しないよう注意することだ。クレジットカードの利用明細をこまめに確認して、資金を確保しておきたい。

利用できる業者が限られる
クレジットカード払いに対応している業者は増加傾向にあるが、すべての業者が対応しているわけではない。また、事前に申込みが必要だったり、引越し業者のウェブサイトでユーザー登録が必要だったりすることもあるため、あらかじめ利用したい引越し業者の制度を確認しておく必要がある

 

引越し料金のクレジットカード払いを活用するポイント

引越し料金のクレジットカード払いを活用するためには、事前の確認や準備が重要だ。クレジットカード払いをする際に知っておきたい、4つのポイントを紹介する。

カードの優待サービスがないかチェックする
まずは、保有しているクレジットカードが引越し関連の優待サービスを提供していないかチェックしよう。割引が受けられる業者があれば、引越し料金を抑えられる可能性がある。
ただし、優待があれば必ず安く引越しができるとは限らない点には注意したい。

例えば、引越し業者のA社はクレジットカード優待で25%オフ、引越し料金の見積もり11万円、B社は優待なしだが、引越し料金の見積もり8万円という場合、本当にお得なのはどちらだろうか。
この場合、A社の優待を利用すると、11万円の引越し料金が25%オフで、8万2,500円になる。しかし、優待がないB社の見積もり額8万円のほうが安い。優待制度を確認しつつも、総合的にどちらが安いのかを冷静に判断することが大切だ

利用限度額の確認と増額の申込みをする
引越しの前後は、支出が多くなる可能性が高い。引越し料金はもちろん、家具の買い換えや、荷物が片付くまでの外食代などが発生することもある。クレジットカードの利用限度額を超えてしまわないよう、こまめに明細を確認しておこう

クレジットカードの利用限度額は、一時的に増額できる場合もある。利用限度額に不安がある場合は、あらかじめ増額の申込みをしておくと安心だ。

複数業者で見積もりを取る
引越し業者のオンライン見積もりは、あくまでも目安でしかない。実際の引越し料金は、荷物の量や引越し日、クレジットカード優待の有無など、さまざまな条件で変動する。具体的な金額を確認するために、複数業者から見積もりを取って比較しよう

訪問見積もりを複数業者に頼むときは、1日にまとめると効率が良い。所要時間を確認した上で、午前、昼、夕方のように、時間をずらして来てもらうのがおすすめだ。

クレジットカードの利用ルールを確認しておく
引越し業者ごとに、事前申込みの有無や利用できる国際ブランドなど、クレジットカードの利用ルールが異なる。「クレジットカード払いができるかどうか」だけでなく、どうすれば利用できるのかについても確認しておこう。必要な手続きがあれば、引越し日までに忘れずに行っておかなければならない。

 

クレジットカード払いを活用してお得な引越しをしよう

引越しは、クレジットカード払いをすることでポイント還元や優待といったメリットを得られる可能性がある。「引越し料金は現金」と思い込まずに、クレジットカードを活用することも検討してみよう。
利用限度額や引き落とし日のずれといった注意点を踏まえて、上手に活用することがお得につながる。広い視野で、引越し業者の見積もりを比べてみてほしい。

 

※この記事はREISM株式会社が運営するREISM Styleの記事を一部編集、転載しています。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア