東京23区の新築マンションの平均価格を調査。 最も購入しやすい区は?

「東京23区内で暮らしたい」と考えている人は多いでしょう。東京23区内でマイホームを購入すれば、毎日の通勤も買い物も便利になりそうですが、気になるのは費用面です。東京23区で新築マンションを購入するには、平均してどのくらいのお金がかかるのでしょうか。

平均価格が最も高いのは港区で約3.6億円!

東京23区の新築マンションの平均価格TOP10
出典:株式会社LIFULL「東京23区の新築マンションの平均価格

株式会社LIFULLが「東京23区の新築マンションの平均価格」を区単位で調査。平均価格が最も高いのは「港区」で3億6,038万円、2位が「千代田区」2億2,642万円、3位が「新宿区」で2億843万円でした。
1位の「港区」は平均専有面積が167.2平方メートルと他区に比べて圧倒的に広く、平方メートルあたりの単価としては「千代田区」が267.0万円/平方メートルと最も高額でした。

ちなみに、選手村を大規模マンションとして転用する、話題の「晴海フラッグ」は中央区にあります。上記調査結果で中央区の平方メートルあたりの単価177.5万円ですが、ダイヤモンド不動産研究所によると「HARUMI FLAG SKY DUO(晴海フラッグ スカイ デュオ)」の平均平方メートル単価は約135.6万円とのこと。41.9万円もの差があり、晴海フラッグの価格設定は相場よりも割安だと言えます。

【今の年収でいくらまで借りられるの?】
>>「アルヒの無料住宅ローンシミュレーション」でチェック!

平均価格が最も低いのは「墨田区」。単価が安いのは「足立区」!

東京23区の新築マンションの平均価格TOP11~20
出典:株式会社LIFULL「東京23区の新築マンションの平均価格

東京23区の新築マンションの平均価格について11位以降の区を見ると、新築マンション平均価格は1億円を下回っています。最低額は「墨田区」の4,813万円で、平均メートルあたりの単価が最も安いのは「足立区」で86.3万円/平方メートルでした。

東京23区全域の新築マンション平均価格は1億943万円となかなかの金額ですが、3億円を超える港区から4,000万円台の墨田区まで、同じ23区内でも大きな価格差があります。東京23区内で住宅購入を予定している人は、収入や預貯金、今後のライフステージなどを踏まえながら、どの街に住むか考えてみてはいかがでしょうか。

(最終更新日:2024.04.19)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア