ハウスキーパーとは? サービス内容や家事代行との違い、利用するメリットを解説

ハウスキーパーとは、掃除、料理、子どもの世話、留守番といった家事全般を請け負う使用人です。一般的に、家事代行よりも幅広い内容を依頼できます。契約形態や料金の種類も豊富です。

今回は、ハウスキーパーとは何か説明したうえで、サービスのくわしい内容や家事代行との違いなどについて解説します。

ハウスキーパーとは

ハウスキーパーとは、その家に住んでいる人の代わりに家事全般を担当する使用人のことです。住み込みの家政婦と同様の役割を果たします。もともとハウスキーパーは、イギリスで家事の使用人として働いている女性を意味する言葉でした。複数の使用人がいる場合、その中で責任者の役割を果たしていたようです。

そのため、現在でもハウスキーパーは家事全般に対応しています。家事だけでなく、子どもの送迎や留守番、介護のサポートなど、家の中の仕事なら基本的にすべて任せられます。

ハウスキーパーには、住み込みの依頼も可能です。たとえば、朝食も夕食もハウスキーパーに作ってほしい場合や、早朝や深夜の仕事を依頼したい場合などは、住み込みが適しているでしょう。

ハウスキーパーと家事代行の違いは?

ハウスキーパーと家事代行には、どのような違いがあるのでしょうか。似ているサービスであるため、違いがよくわからないという人も多いです。ここでは、ハウスキーパーと家事代行の違いについて詳しく解説します。

家事代行とは
家事代行とは、依頼主の自宅に出向き、掃除や料理、片付けや洗濯といった家事を代行するサービスです。主な仕事内容は、以下のとおりです。

・部屋の掃除・片付け
・料理
・食器洗い
・食料品や日用品の買い出し
・キッチン、風呂、トイレなどの水回りの掃除
・洗濯
・アイロン
・靴磨き
・ペットの世話
・ゴミ出し

このように、家事であれば基本的にすべて任せられます。

契約方法や料金設定の違い
ハウスキーパーと家事代行を比較すると、契約方法や料金設定に違いがあります。ハウスキーパーは個人と直接契約するケースが多いのに対し、家事代行は家事代行サービスを提供している会社と契約したうえで担当者が派遣されるケースが多いです。

ハウスキーパーは直接契約であるため、給料として料金を支払います。一方、家事代行は契約した会社に料金を支払います。家事代行の料金は時間単位で発生する仕組みです。

サービス内容の違い
ハウスキーパーは住み込みで働いてもらうことも可能であり、勤務時間や業務内容は契約次第です。基本的な家事だけでなく、家のさまざまな仕事に対応してもらえる可能性があります。ただし、依頼すればすべてを任せられるとは限らず、ハウスキーパー本人との交渉が必要な場合もあるでしょう。

それに対して家事代行は、業務内容を限定して依頼するのが一般的です。家事代行は、基本的に家事の一部をサポートするサービスです。たとえば、掃除や片付け、料理など具体的な業務を指定して依頼します。複数のプランが用意されており、プランによって業務内容が異なっています。

ハウスキーパーの利用がおすすめのケース

家の中の仕事全般を任せられるハウスキーパーは、どのような場合に向いているのでしょうか。ここでは、ハウスキーパーの利用がおすすめのケースについて、詳しく解説します。

留守の間、家事全般を任せたい
ハウスキーパーが向いているケースとしては、留守の間に家事全般をしてほしい場合があげられます。たとえば、仕事が忙しく、家を留守にしている時間が長い人もいるでしょう。ハウスキーパーに依頼すると、留守の間に家事をこなしてもらえます。

子どもや高齢の家族がいても、ハウスキーパーがいれば世話をきちんと行えます。住み込みで働いてもらっていれば、急な仕事が発生しても柔軟に対応してもらえる可能性が高いです。

育児や介護のサポートをしてほしい
ハウスキーパーには基本的な家事以外にも家の中の仕事全般を任せられるため、育児や介護のサポートも依頼できます。たとえば、一人で育児や介護をしながら家事をこなすのは、なかなか大変です。ハウスキーパーがいれば、サポートを受けながら家の中の仕事を分担できます。

また、ハウスキーパーがいると、仕事や用事で家から離れている間も育児や介護を任せられます。育児や介護のサポートをメインにハウスキーパーに仕事を依頼する場合も、特定の日だけでなく毎日仕事を任せることが多いです。

家事代行のほうが利用しやすいケース

想定している利用方法によっては、ハウスキーパーよりも家事代行のほうが利用しやすいケースもあります。ここでは、具体的にどのようなケースで家事代行のほうが利用しやすいのか解説します。

特定の家事を依頼したい
掃除、料理、買い物などのいずれか1つの家事だけを依頼したい場合は、ハウスキーパーよりも家事代行のほうが利用しやすいです。苦手な家事や手が回らない家事だけを依頼すれば、精神的な余裕や時間のゆとりを確保できるでしょう。

家事代行の料金は時間単価で設定されているため、特定の家事のみを依頼するつもりだったとしても、利用時間内なら複数の家事の依頼が可能です。

一時的に利用したい
一時的に家事を代わりにやって欲しい場合も、家事代行が向いています。たとえば、仕事や子育てなどが忙しいときや、体調不良で家事ができないときなどがあげられます。家事代行を活用すれば、自分自身が対応できなくてもきちんと家事を進めることが可能です。

一時的な利用については、家事代行のスポットコースの利用がおすすめです。部屋の掃除・片付けやゴミ出しなど、任せたい家事だけを依頼できます。

特定の日だけ利用したい
家事のサポートを依頼したい日が決まっている場合も、家事代行がおすすめです。たとえば、特定の日に外出する予定があり、その間に家事に対応してほしいという依頼もできます。スポットコースであれば、指定した日時のみ家事代行の利用が可能です。

ただし、曜日や時間が決まっていて繰り返し家事代行を依頼したいなら、定期コースのプランを利用してもよいでしょう。

まとめ

ハウスキーパーは、家事全般に対応する使用人のことです。業務範囲が広いため、家事全般に柔軟な対応をしてほしい場合に向いています。一方、家事代行は、特定の家事を依頼できるサービスのことです。家事の内容を絞って依頼したり、特定の日時のみ家事のサポートを受けたりしたいときにおすすめです。

ハウスキーパーと家事代行にはそれぞれ違いがあるため、目的に合わせて選択しましょう。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア