【本当に住みやすい街大賞2023 in愛知】第2位 藤が丘:再開発による発展も見込め、買い物の利便性と閑静な住宅地がそろう街

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。
今回は2023年3月に実施した「本当に住みやすい街大賞2023 in愛知」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2023 in愛知」結果発表ページはこちら>>

 

※審査基準の詳細はこちら>>

藤が丘ってどんな街?

名古屋市名東区にあり、市内の主要路線である名古屋市営地下鉄東山線と、話題の「ジブリパーク」へつながる路線である愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)の2路線の始発・終点駅である「藤が丘駅」(愛知県名古屋市名東区)。

マンションや戸建てが多く建てられているほか、名古屋駅や大型商業施設のある長久手エリアへのアクセスも良く、新興住宅地として注目を集めています。駅周辺には、スーパーをはじめ、生活に便利な施設も整っており、共働き世帯などにも人気が高い街です。

【発展性:4.72点】「ジブリパーク」オープンに伴うさらなる発展に期待

2022年秋に開業し、2023年に第2期オープンを控える「ジブリパーク」だけでなく、「イオンモール長久手」や「IKEA長久手」といった大型商業施設が誕生している長久手エリアにも程近い、藤が丘駅。

「ジブリパーク」の来園客増加に伴って、駅利用者の増加も見込まれており、藤が丘駅を含むリニモ沿線地域全体の魅力向上を図る計画が進行中です。長久手エリアに続いて、さらなる発展が期待されます。

【住環境:4.50点】商店街や大型商業施設があり、買い物が便利

名古屋市郊外に位置し、駅周辺は街路樹が立ち並ぶ歩道が再整備されており、春には美しい桜並木が楽しめる緑豊かな景観が魅力。

駅を取り囲む「藤が丘中央商店街」には、昔ながらの店に加え、チェーンの飲食店やドラッグストア、金融機関などが立ち並びます。また駅前には、スーパーや飲食店などが入る商業施設「藤が丘effe(エフ)」もあり、日々の買い物にも便利な街です。

駅周辺はにぎやかですが、道を1本入ると静かな住宅街が形成されています。

1階に生鮮食品店や成城石井、2階にレストランやクリニックなどが入る商業施設の「藤が丘effe」

【交通の利便性:3.80点】名古屋の中心地まで30分以内と利便性が高い

東山線で栄駅まで約22分、名古屋駅まで約25分と、それぞれ30分以内でアクセスでき、都市部への利便性が高いエリアです。東山線、丘陵線(リニモ)ともに始発・終着駅であるため、座って通勤・通学できる可能性も高いでしょう。

また、リニモを使えば、「イオンモール長久手」へ約10分で、「ジブリパーク」へは約16分でアクセス可能です。 さらに、東名高速道路「名古屋IC」までは車で約5分と近いので、車での移動も便利です。

東山線やリニモの始発・終点駅の「藤が丘駅」。駅周辺はさまざまな飲食店が立ち並びます(画像素材:PIXTA)

【コストパフォーマンス:3.60点】東山線沿線では比較的リーズナブル

藤が丘は現在、街が成熟しており、地価や物件価格は上昇傾向にあります。新築マンションは3LDKで約4,000万円前後からと決して安くはありません。

しかし、同じ東山線沿線の覚王山駅では3LDKの新築マンション相場が5,000万円台~7,000万円台後半、星ヶ丘駅や本山駅では築浅の中古マンション相場が5,000万円台であることを考えると、比較的手が届きやすいと言えるでしょう。

周辺エリアの再開発に伴って今後地価が上がる可能性もあるため、注目すべきエリアと言えます。

【教育・文化環境:4.00点】日本の歴史が感じられる公園もある

駅前からは「愛知淑徳大学長久手キャンパス」や「愛知学院大学日進キャンパス」など、複数の大学行きのバスが運行されています。また、駅前には学習塾も多数あり、教育熱心な家庭が多いエリアと言えるでしょう。

さらに近隣には、日本の歴史を感じながら広々とした空間で遊ばせることができる「古戦場公園」や「色金山歴史公園」といった歴史的な名所もあり、子育て世帯が住みやすい環境が整っています。

【選定委員会による総括】生活利便性と静かな住環境を備えつつ、さらなる発展が見込める街

名古屋駅や栄駅まで30分以内でアクセス可能で、駅周辺にはスーパーが入った商業施設やさまざまな店が軒を連ねる商店街が広がり、日常の買い物も便利な藤が丘。駅前から少し離れると静かな住環境が整っている点も魅力です。

また、長久手の「愛・地球博記念公園」にオープンした「ジブリパーク」の影響もあり、さらなる発展が見込まれます。隣住環境を重視する人は、藤が丘を候補先に入れてみてはいかがでしょうか。

【最短1分で無料AI診断】東京近郊に引っ越し・上京予定の人必見!
あなたにぴったりな「街」をTownU(タウニュー)で診断してみる ※対象エリア:首都圏主要駅

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア