アメリカの住宅ローン金利が久しぶりに下落! しかし、依然として高い金利を継続

アメリカの中央銀行、FRB(連邦準備制度理事会)は、インフレの抑制を目的として大幅な利上げを続け、それにともないアメリカの住宅ローン金利も急上昇しています。先月には30年固定の金利が7%を超えましたが、最新の金利状況はどのようになっているのでしょうか。

アメリカの30年固定住宅ローン金利が低下。現在の金利は?

Freddie Mac最近の金利
出典:Freddie Mac「Weekly Data

アメリカの金融機関Freddie Mac(連邦住宅抵当貸付公社)が2022年11月17日に発表した、30年固定の住宅ローン金利は6.61%で、前の週の7.08%から0.47%マイナスと大幅に下落。翌週の23日発表の同金利は6.58%で、さらに0.03%下落しています。

Freddie Mac金利動向
出典:Freddie Mac「Primary Mortgage Market Survey® 

アメリカでは、住宅ローン金利の急激な上昇が続き、住宅の買い控えによる景気の冷え込みが懸念されています。そうした中、今回の金利低下は明るいニュースと言えますが、依然として住宅ローン金利は高い水準のままです。今後、アメリカの住宅ローン金利がどのように推移するのか見守っていきましょう。

>頭金なしでも申込可能! 「ARUHI住宅ローンの詳細をみる」

(最終更新日:2023.07.18)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア